池袋のオーダースーツ専門店|order suit navy(オーダースーツネイビー)

order suit navy(オーダースーツネイビー)

東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル301

TEL 03-5985-4625

東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル301

TEL 03-5985-4625

お問合せ

池袋のオーダースーツ専門店 > ブログ > スーツ > スーツを正しくハンガーへかける

ブログblog

スーツを正しくハンガーへかける

July 18, 2018 スーツ

こんにちは。order suit navyです。

先日、【ハンガーの正しい選び方】をご紹介させていただきました。本日はそのハンガーに、スーツを正しくかけるポイントをご紹介させていただきます。

 

【ハンガーの正しいかけ方】

・スーツのジャケットもパンツも、ポケットは空にする

・ジャケットの前のボタンは留めない

・ハンガーは5㎝くらい間隔をあけて、風通しの良いところににかける

 

上記3つが、スーツを正しくハンガーにかける際のポイントです。

ポケットに物を入れたままハンガーにかけて、別のスーツを着たときに忘れのもをしてしまうことってよくありますね。忘れ物防止も兼ねて、ハンガーにかける際はポケットの中は空にしましょう!これはスーツの型崩れ防止になりますので重要です。

次に、前のボタンを留めてしまう方がいらっしゃるのですが、人が着たときにきれいな状態になるように作られていますので、人の体が入っていない状態で前のボタンを留めてしまうと、変なシワが寄ってしまいます。

最後にハンガーにかけたスーツの保管環境です。せっかくきれいにハンガーにかけたスーツでも、クローゼットにギュウギュウ押し込んでしまっては意味がありません。5㎝間隔くらい開けて、風通しの良いところにかけてください。

 

1日着用したスーツは、2日間こちらの方法でハンガーにかけて保管していただくと、型崩れも防げますし、ウールの復元力という力もしっかりと発揮されます。