池袋のオーダースーツ専門店|order suit navy(オーダースーツネイビー)

order suit navy(オーダースーツネイビー)

東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル301

TEL 03-5985-4625

東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル301

TEL 03-5985-4625

お問合せ

池袋のオーダースーツ専門店 > ブログ > スーツ > ハンガーの正しい選び方

ブログblog

ハンガーの正しい選び方

July 16, 2018 スーツ

こんにちは。order suit navyです。

皆さま、着ていないスーツをどのように保管していますでしょうか?多くの方がハンガーに掛けていらっしゃるかと思いますし、私もハンガーで保管しております。

本日はそのスーツの保管になくてはならないハンガーの、正しい選び方についてのお話しです。

改めて、正しいハンガーと言われると、正しくないハンガーが存在していそうですね…そうなのです!どのようなスーツでも、クリーニング店などでもらう針金ハンガーは、保管に適していません。どのようなハンガーがスーツの保管に適しているのか、いくつかポイントをご紹介いたします。

 

【ハンガーの正しい選び方】

・肩が厚手のハンガー

・スーツのジャケットの肩巾と、同じくらいの肩巾のハンガー

・前方にゆるやかなカーブを描いているハンガー

・木製のハンガー

 

こちらの4つのポイント、上から順に優先順位になっております。

最も重要なのは、ハンガーが分厚いことです。スーツのジャケットは元々、人の体を包み込むことを前提に作られておりますので、立体的で丸みを帯びております。その立体的な肩周りを潰さないように保管することで、型崩れを防止し、スーツを良い状態で保管できます。

次に、ジャケットの肩巾とハンガーの肩巾は、同じくらいが良いです。ハンガーが大き過ぎるとジャケットの肩を無理に引っ張ってしまいますし、小さ過ぎるとジャケットの肩が落ちてしまい、どちらも型崩れの原因になってしまいます。

さらに、横に真っ直ぐではなく、ジャケットの形状と同じように(ジャケットも人の体と同じように、前寄りにカーブしています)、前方にカーブしているハンガーが型崩れを防止してくれます。

最後に、そのハンガーが木製であれば完璧です。木製は防湿効果があり、静電気がおきにくい特徴があります。

 

order suit navyではスーツやジャケットをオーダーくださったお客様へ、ご自宅保管用のハンガーをプレゼントさせていただいております。残念ながら木製ではございませんが、それ以外の3つのポイントはクリアしています!